変数を操作するGUIスライダーを作る

GUIスライダーは、とても簡単に作れます。GUIのアドオンを追加してプロジェクトを生成し、ofxFloatSliderとguiを初期化し、guiを描画して、スライダーを特定の変数にリンクします。

プロジェクト生成時に、ofxGuiを含めます。

Screenshot of Example)

Xcodeでアプリケーションを開くと、ソースファイルの中にGUIのアドオンが入っています。

Screenshot of Example)

ヘッダーファイル (.h) に記述

"ofxGui.h"ファイルをインクルードします。

#include "ofxGui.h"

スライダーとパネルを初期化します。ここでは、円の半径をコントロールするのにofxFloatSlider radiusを使用してみます。もし、整数値で指定したい場合は、ofxIntSliderを使用します。

ofxFloatSlider radius;
ofxPanel gui;

実装ファイル (.cpp) に記述

「gui」と名付けたパネルをセットアップして、半径を指定するスライダーを gui.add() で追加します。ここでは、"radius"という文字列でスライダーのラベルをつけています。初期値は140、スライダーの幅を10から300の範囲で指定できるようにします。

void ofApp::setup(){
    gui.setup();
    gui.add(radius.setup("radius", 140, 10, 300));
}

確認のため、draw() 内で円を描いて、「半径」として円を描く3つめのパラメータに値を渡します。

void ofApp:draw(){
    ofDrawCircle(ofGetWidth()/2, ofGetHeight()/2, radius);
}

アプリケーションを実行して、スライダーを前後させると、円の大きさが変化します。

Screenshot of Example)